抗不安薬おすすめ

image01

不安を解消する市販薬はこれ!|抗不安薬の副作用

現代社会において私たちは、環境や生活様式・人間関係により、いろいろな種類の刺激、ストレスの基で生活をしています。そのような中で不安や緊張感が強くなり日常生活に支障が出るようになれば治療が必要となります。こうした疾患の治療で主に用いられるお薬が、抗不安薬です。抗不安薬の主な作用としては抗不安作用、筋弛緩作用、鎮静作用、催眠作用、抗痙攣作用です。この中で抗不安作用のより強いものが抗不安薬、催眠作用が強いものが睡眠薬として用いられます。

不安を解消する市販薬はこれ!

・ パキシル・ジェネリック
パキシル・ジェネリックとは、最新の抗うつ剤「パキシル」のジェネリック医薬品です。ストレスやショック状態からなるうつ病・パニック障害・睡眠障害を治療するお薬です。主成分であるパロキセチンは、パロキセチンが脳内にあるセロトニンという物質の増加を助け、憂鬱な気持ち、不安、イライラ、意欲低下、食欲不振、不眠、強迫観念など心の病気を楽にさせる作用があります。つまり治療したいところでしか作用しない為、副作用が少ないとも言われています。

・エチラーム(デパス)
エチラームは、エチゾラムを成分とし抗うつ剤として、おそらく国内で一番利用されているデパスのジェネリック医薬品となります。ジェネリック医薬とは先発薬デパスの特許が切れたあとに販売されるデパスと同じ有効成分、同じ効き目でお求め安い価格の薬の事を言います。抗うつ剤とは不安神経症の治療薬を指し、気持ちをリラックスさせ不安や緊張感を和らげ気持ちを落ち着かせる効果があるので睡眠導入剤として病院で処方される事もあります。心を落ち着かせるという点からエチラームは心身症、神経症、睡眠障害、パニック障害などの治療にも適しています。

・ APOゾピクロン
APOゾピクロンはApotex Europe社が製造するアモバンのジェネリック医薬品の睡眠導入剤です。 服用することで成分の作用が働き、脳内の神経に働きかけ興奮や緊張・不安と言った症状を抑え睡眠へと導きます。他の睡眠導入剤とは違い、薬だけの力で眠るような感覚ではなく自然な形で睡眠を促してくれます。

抗不安薬の副作用
抗不安薬には大きく2つの副作用があります。ひとつは脳の活動を抑制するために起こる「眠くなる」「ふらつく」「脱力感」など体への副作用です。もうひとつは、薬への依存性が高まってしまうことです。抗不安薬の過剰服用にも注意が必要。特に、アルコールのような他の中枢神経抑制薬を摂ってしまった場合は、厳重な注意が必要です。中枢神経抑制作用が増強し過ぎてしまうため、呼吸中枢など生命維持に必須な部分までが止まり、命を失う危険があります。

不安があっても薬ではなく自分のチカラでコントロールすることが大切。普段の生活でも自律神経のバランスを整える工夫ができます。食べ物、お風呂の入り方、効果的な運動、かんたん呼吸法、眠りを深くする方法など、自律神経を整える方法をやってください。

睡眠導入剤をご紹介!

パキシル・ジェネリックはザイダス社が製造されるキシルのジェネリック医薬品で、主成分はパロキセチンです。このパロキセチンは一度放出されてしまったセロトニンが脳内の神経線維に再び吸収されて脳内セロトニン量が減少するのを防いでくれて、シナプス間隙のセロトニン量を増加してくれるので、うつ状態やうつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害PTSDなどに適用されます。憂うつな気分を和らげて精神を安定させるとともに、意欲を高める働きがあります。

メラトニンは自然的に睡眠を促進出来、「時差ボケ防止」にも作用がある人気睡眠薬ですメラトニンは十分な睡眠を促進すると同時に、老化防止(アンチエイジング)目的でも使用される、睡眠促進剤です。