パニック障害

パニック障害は発作の症状がはげしいので重篤な病気に見えますが、パニック障害で死ぬことはありません。現代発展につれて、パニック障害は文明病としてよく知っていました。しかし、ある人はパニック障害になる兆しがあっても、自分がパニック障害についての知識を分かりませんので、そのまま放っておく人がたくさんいます。今回は皆様の健康のために、パニック障害を紹介します。ご参考してください。セルフチェツクしてください。

✳突然パニック発作が起きる
突然動悸が激しくなり、息が詰まるほど苦しくなって、「死んでしまうのではないか」と強い不安に襲われたり、恐怖のあまり呼び出したりするのがパニック障害です。男女ともに見られますが、1対2くらいの割合で女性に多いのが特徴です。また、パニック障害の研究が進んでいるアメリカでは10~20代の女性に多いと言われますが、日本ではもう少し年齢の高い30代くらいいによく見られます。症状は非常に多彩です。動悸や胸に痛み、息きれ、息苦しさ、窒息感などどの心臓・呼吸器の症状、吐き気、腹部の不快感などの胃腸の症状、めまい、ふらつき、気が遠くなるような感じ、体や手足のふるえなどの神経症状、発汗、冷感、熱感などの全身症状、それに、現実感の失い、死んでしまうのではないかという恐怖、発狂してしなうのではないかという恐怖などの精神症状が見られます。このような症状が前ぶれもなく突然始まって、10分以内びピークに達するものをパニック発作といいますが、パニック障害はこの酔うなパニック発作を繰り返します。

✳パニック発作への不安から閉じこもりがちになる
発作が起きて意識を失ったり、救急車で運ばれたりしても、病院に着いたころにはもう発作もおさまり、検査をしてもどこも異常が見当たらないのがこの病気の特徴です。症状がはげしいので重篤な病気に見えますが、パニック障害で死ぬことはないし、発狂することもありません。ただ、何度か発作を起こすうちに、必要以上に健康のことが気になり始め、あちこちの病院を回って検査を繰り返す人もいます。
そのうち「またあんなことが起きたら、今度は死んでしまうのではないか」という予期不安が強まり、乗り物に乗ることすらできなくなります。特に、特急電車や高速道路、エレベーターなどのように途中で乗りられない乗り物を避けるようになる傾向があります。さらにそれが高じると、今度は特定の場所や乗り物だけでなく、玄関から出るこtpすらできなくなり、家に閉じこもるようになります。気分が落ち込んでうつ状態になる人もいます。実際にパニック障害でうつ病を併症している人の割合は高いといわれています。

✳パニック障害は薬がよく効き、薬で発作を抑制することができる病気です。一般には抗うつ剤と抗不安剤のど組み合わせて使いますが、薬を飲み始めると、早い場合は数日で効果があられてくることもあります。それとともに、認知行動療法といって、これまで患者が避けていた場所などにあえて出かけ入って、だんだんなれさせることも非常に重要な治療です。