不安を解消するの考え方

不安というものは、とてもやっかいなものです。不安が強く、行動や心理的障害をもたらす症状を総称して不安障害と呼んでいます。不安に襲われ、それに捉われてしまうと、こころがモヤモヤし非常に不快を感じ、居ても立ってもいれらなくなります。全身から汗がでて、動悸もして、息も荒くなります。身体にもこのような症状が現れることで、より不安が強くなります。
不安を解消する秘訣
不安定なことを認めてしまう
積極的休養をする
心配する時間を作る
心配事の日記をつける
心を閉じない
“意識的にリラックスする”
ヨガや瞑想も効果がある
好きな音楽や良い音楽を聴く
趣味を充実させる
脳は不安を感じると原因を探す
私たちの脳は、不安を感じると瞬時に、その原因と思われることを、記憶からピッキングします。そしてその問題の解消を促すのです。
「不安な感情」と「問題」は別である
大前提として、不安の原因となる問題は、脳が適当な問題を持ってきただけだと意識することです。それは不安を感じた瞬間に我に返り、意図的に強く意識するのです。
不安の原因と思われる出来事に意識を向けない
大切なことは不安を感じた瞬間に、その不安感に翻弄されて、その原因と思われる出来事に捕らわれないことです。